10合格向け

2010年10月20日

特実:実用新案
 ・考案とは
 ・図面を提出しない場合の取扱い
 ・図面が著しく不明確な場合の取扱い
 ・補正が新規事項追加の場合の効果
 ・国際実用新案登録出願
 ・PCT経由で図面不明確の場合の措置、PCTの根拠条文など

意匠:3条全般
 ・条文はすべて暗唱
 ・工業上利用することができない意匠とは
 ・公然実施は何故規定されてないか
 ・なぜ類似まで規定されているか

商標:商標権の消滅
 ・商標権が消滅する場合の例示(4つ)
 ・商標法独自の消滅理由
 ・消滅の効果(無効審判、異議申立て、取消審判)
 ・不使用取消審判の消滅の効果の発生時とその理由


groupstudynetwork at 17:21 
特実:特許管理人
 ・在外者は特許を取得することができるか?
 ・外国人の権利の享有(25条)の説明
 ・代表的な条約を2つ挙げよ
 ・委任代理人との違い
 ・拒絶査定不服審判の請求期間の違い(4条)について

意匠:部分意匠
 ・部分意匠の制度趣旨は?
 ・部分意匠は条文上どのように規定されているか?(2条1項の正確な再現)
 ・7条の例外(形態的一体性、機能的一体性)
 ・3条の2の趣旨を部分意匠の関係を含めて述べよ
 ・何故権利の錯綜を招くのか?
 ・3条の2但書が設けられた理由

商標:登録異議の申立て
 ・無効理由にあって異議申立にない条文番号と理由は?
 ・異議申立は指定商品ごとにできるか、またその理由は?
 ・取消決定に不服申立はできるか?
 ・どのようにな措置が取れるか?
 ・取下げはできるか、可能時期とその理由


groupstudynetwork at 11:49 

2010年10月19日

特実:特許権の侵害に対する措置
 ・差止め、損害賠償、不当利得返還、信用回復
 ・特許法上の推定規定、損害額の推定、過失の推定
 ・102条1〜3項目の内容(特に1項)

意匠:要旨の対象
 ・要旨変更となる願書の項目
 ・補正却下決定
 ・拒絶査定不服審判での補正却下決定に対する対応
 ・侵害訴訟での要旨変更が認められた場合
 ・先使用による通常実施権との関係

商標:願書の記載事項
 ・願書の提出
 ・出願日の認定
 ・手続補完書
 ・出願却下
 ・行政不服審査法による異議申立て


groupstudynetwork at 16:31 
下記のような情報をいただきましたので、これから受験される方はご留意ください。

「事前案内と違う点がありました。
 試験案内には、飴やガムは食べても良いとありましたが、確認の結果ダメになったと控え室の監督者から案内がありました(水・茶類を飲むのは可能)。」


※その後、確認すればガムOKでしたという報告も多数いただきました。その日の試験監督者によって扱いは異なるようです。


groupstudynetwork at 12:11 
特実:
 ・審判の参加について(種類と効果の相違について)
 ・審判請求の取り下げについて(可能な時期と相手方の承諾がいる理由について)

意匠:利用抵触
 ・1項、2項を述べる
 ・先願意匠権との関係(先願について自らも権利を共有している場合は?))
 ・裁定実施権について

商標:マドリッドプロトコル
 ・国際登録出願日について(正確に)
 ・事後指定について(正確に)
 ・不使用取消審判はいつから請求できるか?



groupstudynetwork at 11:53 
お問い合わせ
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ